ハンブルネスのひとりごと

ノルウェー在住のシステミックカウンセラーのブログです

国際結婚を考える ― 日本とノルウェーカップルの場合 その1 ― 

去年の今ころ、同じタイトルで「テーマ・カフェ」なるものを自宅で開催すべく、いろいろと準備しておりました。ワーホリ開設以降、国際結婚も増えていると聞いていて、今結婚したての方、将来的に考えている方と一緒に お茶を飲みながらテーマについて考え、語ってみよう、という趣旨のもの。

ところが 夫の急病で、開催は断念。でも、なんかの形でこのテーマについて いつか何かできないかしら、と思案しておりました。

そもそも私がファミリーセラピーの勉強を始めたのも(長かった)独身時代に複数の「日・ノル」カップルにお会いしていて 皆さんのお悩みをたくさんお伺いしていたのが一つのきっかけです。「そんなに国際結婚って、大変なんだー」というのがその時の印象。実際に修士論文もこのテーマを取り上げました。

と、言うわけで、このテーマについて何回かに分けて書いてみたいと思います。

 

ノルウェーにおける 「日・ノル」カップルは変化している

ノルウェーにはSSBという、統計を公表している機関があり、例えば 日本からの移住者の数など 簡単に調べることができます。ただ、その移住の内訳が見れないので、どのくらいの方々が結婚で移住なのか 見ることができません。いずれにしても、私がこちらに移った1995年からの移住者数をざっくり見てみると、実は数のアップ・ダウンこそあれ、だいたい年間100-150くらいとなっています。

ここからは統計ではなく、私が実際にお会いした方々のお話しです。もしかすると地域性などで偏っていたりするかもしれません。ご了承ください。

こちらに1960年・1970年代くらいにお嫁に来た方々のお話では、どうもご主人のノルウェー人は船乗りさんだったりして、日本で寄港中に出会い、それが結婚となり、こちらに移られたというのが多かったです。その世代の方々のご主人さまたちの中で 日本語ができます、という方はお会いしたことがなく、どちらかというと あまり日本の文化とか食べ物に精通しているという感じではありませんでした。

当時、こちらに移住となると かなり珍しかったに違いありません。おそらく留学で来る日本人も少なかったはずです。

この後、滞在許可があればノルウェー語の無料講座を受けられる時期がありましたが、当時は全くそういうものもなかったと言います。ご主人たちも後年 違うお仕事に就かれたにせよ、船乗りさんであれば数か月家を空けるのは普通なので、奥様方も外国で一人でかなり大変だったのではないでしょうか。言葉はどうしたのでしょうか?ちょっと、サバイバルな感じですよね。その大変さが私にはちょっと想像できません…。

 

私が20・30代だった(90年代後半から15年間くらい)ころも新しく来られた日本人奥様たちに複数お会いしましたが、そのころからかなり多様性が増した印象です。たとえば、出会いの場所も 海外(日本、ノルウェー以外の第3の国)やここ、ノルウェーなど。海外留学が普通にできるようになってきて、留学中にご主人と出会う方々も複数居ました。そして、ご主人たちも日本語がペラペラだったり、日本にOO年住んでいた、など。中には、こちらに住んでいて、うちの中では日本語だという方もいます。

ネットの出会いサイトの普及で、ここ10年くらいはネットで出会って結婚してきた、という方々にもお会いしました。(距離を考えると、すごい勇気だな、と思わずにはいられません!)

ただ、最近国側からの様々なサポートも「財布のひもを締めてきた」感があり、例えば2017年以降に最初の滞在許可をもらった方々はノルウェー語講座も有料になったり、永住許可を取得するのに自分の収入という条件をクリアーしなければならなくなったり、最近移住された方々も結構大変かな、という印象です。

 

今ここまで書いてみて思ったのですが、この昔と今の違いって、なにもノルウェーに限ったことではなく、他の欧米諸国でも同じことが言えそうですよね。特に日本人が海外に飛び出す(?)ようになってからは、日本以外の国で未来の伴侶に出会う方々が増えても不思議ではありません。

修士論文を書く際に、「国際結婚論!?」(嘉本伊都子著、法律文化社)という本に触れましたが、とっても興味深かったです。この中で、「ワーホリ・ブライド」という概念が紹介されていました。つまり、ワーホリを婚活の手段として利用し、それが成就して晴れて結婚に至る、ということらしいのですが…。

国際結婚が「目的」というのも、私個人的には うーーーん、とうなってしまうこともなくはないのです。と、いうのも私の国際結婚に対する第一印象が「国際結婚ってこんなに大変なんだー。」だったのですから。でも、これはいいとか云々ではなく、本当にその方次第だな、と思います。

 

さて、次回「その2」ではノル人と日本人と思いっきり違うかな、と思う一つのこと、結婚感・結婚法について書いてみようと思っています。お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

システミック… システマティック? 

こんばんは。今日は 良く聞かれる質問の「システミック」について、ちょっと書いてみます。うん、システミックとはなんだ? 私も聞いた当初は、システマティック?と思ったりしたのです。

 

カウンセラー、と言ってもいろいろな種類や内容がありますね。持たれている資格も様々だと思います。私は、実は本業の方の職業名はカウンセラーではなく、ノル語でSosialkonsulent (今、翻訳機能を使うと、英語でSocial Consultantと出てきました。)なのですが、業務内容は心の悩みから、家賃が払えない悩みまで お伺いしますのでやっぱり、カウンセラーなのかな、と思う次第です。

 

その、(心理)カウンセリングの中では サイコ・アナリシスが一番良く知られているかもしれません。フロイト、ですよね。私も20年前に卒業したソーシャル・ワーカーの学校では一番初めにフロイト習いました。近年では、NLP神経言語プログラミング)、認知療法(Cognitive Therapy)、マインドフルネス…などなど。いろいろな理論や実践によって、今たくさんの療法があります。

さて、本題のシステミック。システミックの理念は1950・60年代に考え出されたシステムセオリーがもとになっています。例えば、A(事柄)が要因になって B(影響)になる、といった直線的な考え方ではなくて、AとBがお互いにぐるぐる作用されあっている、という サークル型の思考です。これを家族関係に置き換えてみると、お母さん、お父さん、子供たちがみんなお互いに作用しあっていて、お母さんが怒りっぽいのはお父さんがうちにいないから、だけではないのです。簡単に言うと、問題が起こるのはだれか一人のせいではなく、そして問題の原因を追究するよりも 解決策を見つける方に力を入れています。

そして、システミックの世界は奥が深い…。システミック・アプローチと呼ばれている主なもので7種類あります。

私が特に面白いな、と思ったのは、日本で「ナラティヴ」で研究・実践されている ナラティヴ・セラピーです。ここでは、問題を抱える子(大人もありです)から 問題を一回その子から分離させて、その子と一緒に「問題くんはどんな風か一緒に見ようね」というアプローチなのです。そう、特にいろいろな症状に悩むお子さんにとって、問題が自分のせい、とか、自分が変だから、と思わずに済む…だけでも とっても救いになりますよね。

ちなみに私が取ったコースでは心理療法士(心理学をみっちり6年くらい勉強されてきた方)、看護師さん、牧師さん、また私のようなソーシャルワーカー上がりの者までいろいろなバックグランドのプロたちが集まっていました。

 

システミック…ちゃんと説明できたかどうか、はちょっと疑問ですが…。

実はノルウェー(で私の知る限りでは)システミックアプローチを学びたい、という人は多いのですが、なかなか職場の現状でこの資格をもっていて、重宝されるかといえば そうでもない。または、あまり転職の有利にはなってないかもしれないのが現状です。それは、まだまだこのアプローチを使いたい、という上の人たちが多くないからかもしれません。ここでも、日本でも もっとシステミックカウンセラーが増えてくれるのを期待しています!

 

 

 

大腸内視鏡検査 アット AHUS (あーふーす)

先週、受けてきました。実は、検査を受ける前、受けた後、かなりブログ情報に心を安められました。改めて、ブロガーの皆さまに感謝です。(そんなわけで、自分も書くことにしてみたのです。)

 

AHUS、とは Akershus Universitets Sykehus (アーケシュフース大学病院)の略なのですが、ノルウェーの首都オスロをぐるっと取りかけむ アケシュフース県民の公的医療機関です。

ノルウェーは持ち医者制度が20年ほどまえから導入され、病院での専門的な検査などは医者の紹介状がないと受けられません。(または、ウン万円という多額な料金を払って私立のクリニックに行く)日本の保険制度とは全然違い、福祉国家ならではの制限があります。

 

さて、持ち医者からは直腸のみの検査で紹介状をもらっていたのですが、AHUS側が なぜか大腸内視鏡に格上げ(?)してくれました。ググったところ、ノルウェーはほかのノルディック(フィンランドなど)に比べ、大腸がんの発生率がすごく高いとか。だからなのかな、それにしても多い原因がわかっていないのも嫌ですね。

 

(前準備)恐れていた下剤ですが、病院から指定されていたPico Prep ピコプレップ、かなり優れものだということが判明。下剤自体は150ccを2回飲むだけ、であとはスープとかお茶を2リットル飲むだけ。私はお吸い物(またはそばつゆ?)を作って飲みました。「お吸い物、うまい!」やっぱり日本人だわ、と妙に感心。これだけで1リットル行けました。うわさに聞いていた「おむつ必要」説は、まったく大丈夫でした。というか、下剤も前日の午後1回と夜1回飲むスケジュールだったのも 良かったかもしれません。すでに一回目の下剤の数時間後には 腸が空になってきた、感があったんです。また、前日の朝食後から絶食、という厳しいお達しももしかして 良かったのかもしれないです。どうせ 空にしなきゃだめだったので、絶食を遅めに始める方が洗腸にも時間かかったかもですね。

 

(検査)鎮痛剤と鎮静剤を両方うってもらい、でも割と目が覚めた状態でした。なんと奥の方にポリープ発見、でポリープ除去の場面もわりとしっかり見ておりました。うーん、ポリープって癌化する率大なんですよね。あらためて、大腸全部見てもらえて良かったです。気になった痛みのほうも それほど辛くなかったです。看護師さんが元気づけてくれました。

ポリープ切除後はクリップを付けてくれたのですが、なんと一発目はハズレ、で腸の中に飛んでいきました。

(その後気を付けて見ていても、クリップ発見できませんでした。そんなものか?)

とりあえず取ったポリープについては何も言われてきてないので、良性だったのかな。ただ、こちらは日本の医療機関ほど情報をくれないし、ポリープ切除後の注意も日本のサイトで読んでいたのでした。とりあえず、1週間経ったので…もう大丈夫かな。

 

大腸内視鏡、ちょっとハードル高かったのですが、癌になることを考えると…やはりお勧めです。皆さんも腸をお大事に。

やっと、ブログデビュー!初めまして。

初めまして、マイ・ユニです。

北欧にノルウェーという小国がありますが、いらっしゃったことありますか? なかなか何かとっかかりがないと 見過ごしてしまうような マイナーな国かもしれません。

私は40代後半のおばちゃんなのですが、なぜかこの国に人生の半分(今年の8月で)も住んでおります。きっかけは、十代のころに「ベストヒットUSA 」でチャート1位になっていた、A-haというバンドを発見したこと。そう、実はノルウェー出身だったのです。その後、ノルウェーに行ってみたい、という夢を育て、お金を貯め…

長い工程を短くしますと、結局1年の留学の予定がどんどん長くなり、こちらで就職・結婚を経て今に至っています。

ちなみに、職業はソーシャルワーカー&ファミリーセラピストです。どうして、両方書いているかというと、職員としてやっている仕事も自分のサイドビジネスも、どちらかではなく、どちらもだからなのです…。その辺も、徐々にシェアさせていただけたら嬉しいです~。

さて、どうしてブログなのか、ですが。

実は長い間フェイスブックはやっていますが、日本ではあまり主流ではないということがわかり、どこかに書ける場所はないか…と、言うわけでブログ初挑戦です。私の書く記事を果たして読みたい人がいるのか…、ちょっと疑問ですが。ノルウェー事情、ファミリーセラピー事情、など主に私の職場からいろいろ書きたいと思っています。

よろしくお願いします!